全敗だけど関係ない!海野・吉田組が個人的にはMVPです【新日本プロレスワールドタッグリーグ2018】

 

新日本プロレス「ワールドタッグリーグ2018」はEVIL・SANADA組の優勝で幕を閉じましたね。

個人的には、全敗でリーグ戦を終了した海野・吉田組の奮闘が素晴らしかったと思います。

 

今回のリーグ戦を通してランクアップした2人のこれからの活躍に期待です!

そんな海野・吉田組を見ていて、過去に新日本プロレスで活躍したタッグチームをふと思い出しました。

越中詩郎高田延彦組。

越中VS高田 最強ジュニア 3大死闘 [VHS]

ケンドーコバヤシはじめ多くのファンやフォロワーを持つド演歌ファイター、エッチューこと越中詩郎

古舘伊知郎曰く「青春のエスペランサ」、PRIDEでのヒクソングレイシー戦、ハッスルでの高田総統、現在はバラエティー番組でも活躍している高田延彦

当時の新日本でジュニアのライバルとして鎬を削っていた2人が越境タッグを結成して「ジャパンカップ争奪タッグリーグ戦」に出場するという、海野・吉田組に似たシチュエーションだった越中・高田組。

当時、UWFの若頭としてキックと関節技を武器に活躍していた高田延彦に対して、キックを逃げる事無く正面から受けていた越中詩郎、その姿は正に「人間サンドバック」状態、愚直なまでのド演歌ファイトは逆にUWFファンからも支持されていました。

毎日のように試合をしていた2人だけにお互いの手の内も知り尽くしており、それが素晴らしいコンビネーションに繋がり大活躍、あわや決勝進出という所まで勝ち進んだのです。

確か、アントニオ猪木組、藤波辰巳組にも勝ったように記憶してます、今で言えば棚橋にもレインメーカーにも勝ったようなものですから、当時は私もメチャクチャ盛り上がりました。

残念ながら決勝進出はなりませんでしたが、2人のストーリーはこれで終わりではなく、この後もIWGPジュニアヘビー級タイトルを巡り名勝負を繰り広げましたし、2人がヘビー級に転向した後もIWGPヘビー級のタイトルを争って対戦しています。

youtu.be

この、2人の歴史のタメが後から効いてくる感じがプロレスの素晴らしい所ですね。

恐らく、遠くない未来、海野対吉田が大きな大会のメインイベントを飾る事もあるでしょう、というかそうなって欲しいですし、今回のタッグ結成はその時に大きな意味を持つはずです。

今回は全敗でしたが、未来に繋がる負けだったと思いますし、またライバルとして切磋琢磨する姿を見せて欲しいと思います!

 

 

 

ALL IN でタイトルマッチ実現!最大のプロレス団体、NWAは現在?2019年に70周年記念大会開催予定、スマパンのビリーコーガンが発表

f:id:joesinfojp:20180903173018j:plainグランジシーンを牽引したバンドの1つ、スマッシングパンプキンズのリードギター/ボーカルのビリー・コーガンが大のプロレスファンであり、TNAなどプロレス団体の運営を手がけている事は何となく知っていましたが、なんとあのNWAを所有していたとは驚きました!

 

 

しかもそのNWAが、2019年10月21日にナッシュビルにて、70周年記念大会を開催するとは!ていうか今の王者って誰?そもそも団体なの?と色々疑問が噴出してきたので調べて見ました。

twitter.com

そもそもNWAとは1948年にウォータールーのホテルプレジデントで設立された、各地の団体の代表による企業カルテルであり、NWAが認定する世界ヘビー級王者が各団体を回り防衛戦を行うというもので正確には団体ではありませんでした。

ルー・テーズドリー・ファンクJr.、ジャック・ブリスコ、ハーリー・レイス、リック・フレアーといった世界最高峰の王者を多数生み出し、その時々の王者は全米やメキシコ、日本と世界各地の加盟団体を転戦、各地に熱狂と「金の雨」を降らせていました。

しかし、WWE(当時はWWF)の全米侵攻などにより少しづつ衰退し、NWAは当時の影響力を失っていきます。

www.youtube.com

ビリー・コーガンは2017年にそんなNWAを購入し、YouTubeで「the ten pounds of gold 」という番組の配信を開始、前王者のティム・ストームとニック・オールディスによるストーリーを展開します。

因みにこの「ten pounds of gold」、NWA の初代ベルトが老朽化した為に新しいベルトを作成、そのお披露目の際に「10ポンドの金を使用した」と発表された為、それ以降のNWAチャンピオンベルトは「テンパウンズオブゴールド」と呼ばれています。

そこに割って入って来たのが新日本プロレスでも活躍している「アメリカン・ナイトメア」Cody!言わずと知れた、元NWA王者のダスティ・ローデスの息子です。

 

もしNWA奪取となると初の親子二代王者となり、1プロレス団体となったとは言えNWA の王者というのはコーディにとっても大きな意味があるはず、しかもその挑戦の舞台は「ALL IN」とお膳立ては整いました。

 

ALL INは新日本プロレスワールドでも配信される事となりましたので、NWA世界ヘビー級選手権試合が新日本プロレスで見られるという、ある意味物凄い事態となった訳です。

一時期、ブルース・サープ社長率いるNWAのチャンピオンとしてダン・スバーンなどが来日していましたし、小島聡選手も実はNWA王者に一度なっていますが、当時のNWAはどうしてもインディーズ団体のイメージが強く、本来の「全世界を鞄一つで飛び回り毎晩のように防衛戦を行い参加した団体を潤わせる」、即ちレインメーカーとしてのイメージは無かったと思います。

コーディ選手が王者となる事によって、ダスティ・ローデスが王者だった時代と繋がり、本来のNWAのイメージが復活し、プロレス界が更に盛り上がる事を期待します!

 

そしてもう一つ、あのスマッシングパンプキンズがある意味新日本プロレスと繋がってしまったという奇跡!

youtu.be

名曲「1979」にもあるように、1970年代に幼少期を過ごしたビリー率いるスマパンと、1972年に「燃える闘魂アントニオ猪木が設立した新日本プロレス、1979年の40年後である2019年に開催予定のNWA創立70周年記念大会でクロスする可能性は、コーディが戴冠した今、非常に高くなったと言えるのでは!

前王者のニック・オールディスは早速ツイッターでメッセージを送っています。

 2019年10月までどんなストーリーが展開されていくのか、そしてそこにレインメーカーケニー・オメガが絡んでいく事はあるのか・・充分あり得ると思います!

 

これがプロレス、まさにプロレス!全日本プロレス後楽園ホール大会観戦記

もしかすると全日本プロレス生観戦は子供の頃以来かもしれませんが、後楽園ホール大会を観戦してきました!

今回は開場時間の17:30にしっかり会場入りしてパンフレットを購入!昔ながらの試合順ハンコが嬉しいですね。

f:id:joesinfojp:20180819191135j:plain

第2、第3、第5試合の公式戦というのは「Jr. TAG BATTLE OF GLORY」ですね、会場には星取表があったので今日までの流れが掴めて良かったです。

f:id:joesinfojp:20180819181840j:plain

早速、後楽園ホール名物「ファイターチキン」と生ビールを手に席に向かいます。

今回は北側の席をゲット、リングが近い!花道も近い!

f:id:joesinfojp:20180819181808j:plain

赤コーナーの選手はここから入場してきます

試合前にはファンクラブ会員限定の写真撮影イベントも開催されていました。

今回は現・三冠王者のゼウス選手!筋肉スゲー!笑顔も優しくてかっこよかったです。

https://www.instagram.com/p/BmqASGeFXnP/

三冠王者ゼウス選手#全日本プロレス #ゼウス #三冠王者 #後楽園ホール #ajpw

写真撮影後、リングアナによる諸注意がありいよいよ試合開始です。

第1試合から秋山準社長登場!会場は既に大盛り上がりですっかり出来上がっています。

f:id:joesinfojp:20180819181939j:plain

秋山大森組の登場ですっかり大盛り上がりです

フリーの力選手や新日本プロレスの色が濃い西村修選手、外人のヴァレッタ選手を織り交ぜたマッチメイク。

大会を通してですが、今の全日本プロレスは他団体やフリーの選手を上手く取り込んでおり、昔ながらの全日本プロレスのイメージを崩すことなく新しい全日本プロレスを作ることに成功しているように思います。

第2、第3試合とジュニアのタッグマッチが続きますが、正体不明?のブラックタイガーはじめ様々な団体出身の様々な選手が集まり良質なプロレスを見せ、会場は更に盛り上がっていきます。

最近の新日本プロレスは休憩が無かったりしますが、今回の全日本プロレスは普通に休憩時間有り。

休憩中にグッズ売り場へ行くと、そこには秋山準社長が!著書「巨星を継ぐもの」にサインを入れてくれる上に2ショット撮影してくれるというので、思わず購入!秋山社長、ありがとうございました!

巨星を継ぐもの

秋山選手以外にも力選手や梶トマト選手などがファン対応されてました。

 

休憩後はいよいよ、三冠王者のゼウスはじめメイン級のレスラーが登場してきます。

https://www.instagram.com/p/Bmp__VPlyf1/

まるでハンセン、ジョードーリングデカい!#全日本プロレス #ジョードーリング #後楽園ホール #ajpw

ジョー・ドーリングが小走りで入場する姿はまるで不沈艦スタン・ハンセン!

https://www.instagram.com/p/Bmp_nVuF97m/

めちゃくちゃ絵になる宮原健斗選手#全日本プロレス #宮原健斗 #後楽園ホール #ajpw

東西南北全ての観客に向けてパフォーマンスを見せる宮原健斗はさすが、めちゃくちゃ絵になってました。

https://www.instagram.com/p/Bmp_B-8liWo/

全日本プロレス後楽園大会観戦してきました!#全日本プロレス #諏訪魔 #後楽園ホール #ajpw

体の大きな諏訪魔選手や石川修司選手に動きの良い宮原健斗選手とヨシタツ選手が挑む世界タッグ選手権試合はマサに全日本プロレスらしいプロレスで大満足!

全ての試合が面白く、メインイベントに向けて盛り上がっていく理想の展開で見た後の満足感が高い!

久しぶりの全日本プロレス観戦でしたが、大満足でした!

高橋ヒロムが病院に運ばれた模様・・首を骨折した可能性も・・新日本プロレスG1スペシャルサンフランシスコ大会

プロレス情報サイト「prowrestling.com」によりますと、高橋ヒロム選手がサンフランシスコでの試合後に地元の病院に搬送されたらしく、首を骨折した可能性があるとの事・・

www.prowrestling.com

昨夜、サンフランシスコで開催された新日本プロレスのG1スペシャルで、IWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロムが、フェニックスプレックスで「an extremely scary looking bump」、凄まじく恐ろしい受身を取り、「land badly on the top of his head」、頭から真っ逆さまに酷く落ちた、とあります。

 

技を仕掛けたCMLLのスターであるドラゴン・リーは高橋ヒロムとは長いライバル関係にあり、2人は「absolutely insane」マジでヤバい、と訳して良いのでしょうか、ハイペースの、信じられないほどの正確さと実行能力が必要とされるハイリスクのムーブに満ちた試合をすることで知られています。

 

残念な事に、2人のスタイルが2人のうちの1人を捉えてしまったようですが、日曜の朝の「Wrestling Observer Radio」でDave Meltzer氏が伝えたところによると、新日本プロレスからの暫定的な発表によるとヒロム選手は首を骨折している可能性もあり、試合後のバックステージで倒れた後に地元の病院に搬送されたそうです。

2人は予定通り試合を終え、その中にはデストロイヤーを含む高度な空中戦もありましたが、王者の首に最初のダメージを与えたのはフェニックスプレックスだったようです。

 

ヒロム選手の現在の状況については複数の情報源からの報告を待っている状態ですが、検査の結果が最初の予想よりも良いものである事を願います、と記事は結ばれています。

 

高橋ヒロム選手が心配ですが、今は新日本プロレスからの公式発表を待ちましょう・・

G SPIRITS Vol.48 馬場夫妻と全日本プロレスを佐藤昭雄が語る

Gスピリッツ48号、特集は馬場夫妻と全日本プロレス

 

2018年4月14日に馬場元子さんが亡くなり、4月18日にはWWE からブルーノ・サンマルチノ死去というニュースが発信され、ジャイアント馬場社長時代の全日本プロレスが遂に遠いものとなってしまった感がありますが・・

そんな馬場・全日本プロレスに深く関わってきた佐藤昭雄グレート小鹿キム・ドク大仁田厚川田利明和田京平のインタビューが掲載されており、今号も大変読み応えのある内容となっています。

馬場さんと言えば世界有数のプロモーターとして外国人レスラーから絶大な信頼を得、トレードマークの葉巻を吹かしながらプロレス界に君臨していたイメージですが、佐藤昭雄が語る元子さんとのエピソードなど結構意外・・イメージが少し変わるかもしれません。

佐藤昭雄は長く全日本プロレスで活躍、一時期はブッカーまで務めていましたがその後WWF(現在のWWE )と契約、ハクシー(白使)こと新崎人生のマネージャー、シンジャなど活躍しましたね。

youtu.be

顔を白く塗った白いタキシード姿の男が佐藤昭雄です!新崎人生全日本プロレスに上がっていますし何かの縁を感じますね。

更に!ブルーノ・サンマルチノの未発表ロングインタビューも掲載!これは必読ですね。

マニアックなところでは「暗黒仮面」ティニエブラスの特集も!誰?て感じですかね(笑)

 いつも読み応え満点のGスピリッツ、今回も最高です!

Gスピリッツ Vol.48 (タツミムック)

Gスピリッツ Vol.48 (タツミムック)

 

 

ダニエル・ブライアン、ジョニー・セイントについて語る

WWEのダニエル・ブライアンが、UKブランドのGMに就任した英国プロレス界のレジェンド、ジョニー・セイントについて語る動画がWWEネットワークにUPされています。

www.wwe.com

「俺たちの世代のレスラー仲間はジョニー・セイントのビデオを見て彼のムーブを学んで育ったんだ、周りには教えてくれるベテラン選手もいなかったしね。俺のような本当にテクニカルな試合が好きなレスラーに言わせると、ジョニー・セイントこそ最高のレスラーだよ。」

意訳ですが、ダニエル・ブライアンはジョニー・セイントの事を最高のお手本と賞賛しているようです。

 

英国では当時、「World Of Sport」というプロレスの試合を流すテレビ番組があり、セイントはベビーフェイスのトップとして活躍していました。

youtu.be

セイントは多くのレスラーに影響を与えたレジェンドですが、残念ながら来日は2回だけ、みちのくプロレスが1996年に招聘したのが最後です。

当時既に55歳でしたが、摩訶不思議なチェーンレスリングを披露し一部のファンから熱狂的に支持されました。

その13年後、セイントはダニエル・ブライアンとも肌を合わせています。


「ジョニー・セイントのような人を迎えられる事はWWEにとって本当にラッキーな事なんだ。俺は2009年に彼と試合をしたが何だか不思議な感じだったよ、だって既に失われてしまったような現在とは違うスタイルなのに、ビデオで見たものとは全く同じではなく今も『生きている』んだ。あちこちで週に5試合から10試合もそのスタイルで試合をすれば自然とそのスタイルのマスターになるだろうし、そんな彼だからこそWWE UKのGMになれる訳で、それってUKの奴らにとっては正にボーナスなんだ、だってもし彼に質問があって彼の頭の中から答えが欲しい時は、『これはどうやればできるんですか?あれは?何か秘密があるんですか?』て聞けば、彼は答えてくれるんだから!これって凄い事だよ!」

youtu.be

UWFにも来日経験がある「黒い藤原」ノーマン・スマイリーが!

NXTのGM、ウィリアム・リーガルも英国出身です。

 

「彼は本当にジェントルマンなので、そんな彼がピート・ダンのような熱くて、UKのトップを目指す奴らとの諍いをどうやって納めていくのか楽しみだし、もしかしたら影響されてリングに戻りたくなったりしたらそれもおもしろいよね、だって彼は60代の頃も十分できたし、どうだろう、ピート・ダン対ジョニー・セイント、俺なら金を払ってでも見たいね!」 

youtu.be

 

ヒデオ・イタミがノアに復帰?WWEとノアが選手共有に合意

世界最大のプロレス団体、WWEとプロレスリングNOAHが、ヒデオ・イタミことKENTAとの団体間の選手共有に合意したそうです。

www.prowrestling.com

インターネット上の報道によると、WWEヒデオ・イタミを過去に所属していた団体、NOAHと「shared」、共有する合意に至った、と伝えられています。

「the Wrestling Observer Newsletter」による最近の報告では、WWEとNOAHは、来る8月に古巣で試合をする可能性があると見られる「205ライブ」所属選手であるヒデオに対して選手共有契約を結んだ、とあります。

ノアのホームページを確認したところ、8月は今のところビッグマッチは無いようですが・・・後楽園ホールがありますね。

www.noah.co.jp

現在はWWE「205ライブ」でメインイベンタークラスの扱いを受けているヒデオ、どうやらWWEを離れるという事はなさそうですが、今後NOAHにも参戦するという事になると、タイトル戦線からは離れてしまうのでしょうか。

「talent-sharing agreement」、選手・シェア・合意という言い回しですが、これって複数団体契約という意味にもとれるのでしょうか?そう考えると飯伏幸太が思い出されますね。

 

現在は飯伏プロレス研究所所属ですが、飯伏選手は一時期、新日本プロレスDDTの両団体と契約を結んでいましたし、その後は所属契約を結ばないままWWEに上がったり、また新日本プロレスに上がったり、どうしたらそんな事ができるのかわかりませんが(笑)活躍の場を拡げています。

KENTA以外にもNOAHからWWEに移籍したTMDKなど、もしまたNOAHで見れたら嬉しいですね!ちょっと脱線しますが、WWEで活躍するTMDKを見ているとどうしても秋山準大森隆男組を思い出すのは私だけでしょうか・・(笑)

インターネットで世界中の試合がリアルタイムで見られる時代になり、プロレスファンにとっては選択肢が増えた訳ですが、ヒデオ・イタミのように日米両方で活躍する選手が増え、インターネットを通じて世界に名を売り、いつか世界統一王者に・・なんて、難しいとは思いますが夢が広がりますね!

日本人がかつてのNWA王者のように、鞄一つで世界を飛び回り活躍する、そんな日がいつか来るかも?メイドインジャパンに頑張って欲しいですね!